技術派遣員

 技術派遣員制度について


 海外での仕事を希望する技術者の方を各国にある日本の在外公館(大使館、総領事館、日本政府代表部等)に派遣し、主として事務所や公邸等の保守点検・整備を行ってもらう制度です。

1.募集概要

  業務内容 在外公館施設(事務所、公邸など)の保守・維持管理業務

①建築設備の整備・運転
②設備・機械に関する操作方法の大使館員への説明(デモンストレーション)
③近隣の在外公館への出張(保守・維持管理業務の支援)

   派遣先 在外日本国大使館、総領事館、日本政府代表部
  給与・待遇 国家公務員の給与に準じて、一般社団法人国際交流サービス協会が定めた報酬、住居費、及び渡航にかかる費用を支給。労災、社会保険完備。公用旅券を発給。
  応募資格 ①日本国籍を有する者

②高等学校卒業以上の者
③普通自動車運転免許証を保持する者
④建築関連業務に関する技術資格を有し、同業務の実務に数年の経験を有する者。海外勤務経験があることが望ましい

必要とされる語学力 派遣国・業務内容による。
  派遣期間 原則として2年。ただし、健康上の理由、派遣先国の政情不安等により短縮される場合があります。
   身分 一般社団法人国際交流サービス協会の嘱託職員

 

2.赴任までの流れ

1)登録
最終ページ下段にある「登録用紙をプリント」をクリックし、 登録用紙をダウンロードの上、記入・写真貼付したものを、「個人情報利用目的通知文」とともに郵便またはメールでお送り下さい。

2)応募
技術派遣員として登録している方には募集公館が出る毎に、メールにてご案内いたします。
ご希望の派遣先募集が開始されましたら、メールでご応募下さい。
なお、登録用紙はお送りいただいてから3年を経過した時点で 一旦処分させていただきます。
再度登録をご希望の場合は、新しい登録票をお送り下さい。

3)選考
応募された方に対し書類選考をし、合否をご連絡します。
合格の方には書面で面接の日時をご連絡します。

4)面接
当協会にて面接を行ないます。
面接時の交通費は自己負担となります。ご了承下さい。

5)赴任前健康診断
面接に合格された方には、所定の用紙にて健康診断をお受けいただきます。
健診結果を協会産業医が確認し、赴任に問題なしと判定されましたら、正式に内定となります。

6)赴任
具体的な赴任日は、ご本人、外務省本省および派遣先公館と協議の上決定します。

3.登録期間

登録は随時実施しております。

 募集公館 (2018.01.05応募締切)


在豪州日本国大使館

在カタール日本国大使館

国際連合日本政府代表部

 

 技術派遣員Q&A


Q1:派遣中はどのような身分となるのでしょうか?公務員ですか?

A1:国際交流サービス協会の嘱託職員として在外公館に派遣され、現地では館員に準じたものとして遇されます。

Q2:労働に関する諸条件は日本のものが適用されるのでしょうか?

A2:休日・就業時間は各公館の定めによるものとします。

Q3:具体的な勤務内容はどのようなものになりますか?

A3:派遣先によって異なる部分が多いので、派遣が決定しましたら、業務に関するブリーフィングを個別に行ないます。

Q4:現地へ赴任するにあたり、引越し等の費用はどのようになりますか?

A4:支度金、移転料、着後手当、移動月の報酬を出発前に日本国内の指定銀行口座に振り込みます。
渡航手続きは協会が行い、航空券をお渡しします。

Q5:現地での住居はどのようになりますか?

A5:着任直後は現地手配による宿舎(ホテル)を利用いただくことになります。
その後、各自住居を探していただき、家主と派遣員本人で賃貸契約を取り交わします。

Q6:2年間の勤務の後、就職の斡旋は考慮いただけるのでしょうか?

A6:任期終了日より7日後に国際交流サービス協会を解職となります。就職の斡旋は行なっておりません。

Q7:給与、待遇等の条件を教えて下さい。

A7:報酬は国内報酬、在外報酬からなり、その他住居手当が支給されます。
具体的な金額は、各募集公館の欄に記載します。また超過勤務手当(残業代)、12月に年末手当を支給します。
海外労災及び社会保険(厚生年金及び基金、雇用保険、健康保険)に加入します。
週休2日。年次有給休暇は1暦年に20日。その他、年末年始休暇、夏休み、その 他の休日等があります。

【その他、技術派遣員に関する問い合わせ先】
一般社団法人国際交流サービス協会 人材事業部 技術派遣員係
〒100-0013 東京都千代田区霞ヶ関2-2-1 外務省庁舎第一別館
TEL:03-3580-1870  FAX:03-3580-1829
TEL 受付時間:月曜日~金曜日 10:00~12:00/14:00~17:00

 応募書類


一般社団法人国際交流サービス協会(以下、当協会という)は技術派遣員の募集に伴い、応募いただいた皆様(以下、応募者という。)から取得する個人情報の重要性を認識し、以下に記載する通知文に準拠し、細心の注意をもって管理を行い、適切な取り扱い及び保護に努めます。また、本通知文をお読みになり応募いただいた場合には、個人情報に関する当協会の取扱いをご了解いただいたものと理解いたします。

(1)個人情報の取得と利用について

当協会は、技術派遣員の採用試験を実施する際の判断をする目的のために応募者の皆様の個人情報を収集しています。この目的以外に個人情報を利用することはありません。また外部へ取り扱いの委託を行うことはありません。

(2)個人情報の第三者提供について

当協会は、以下の場合を除き、取得した応募者の皆様の個人情報を第三者に提供することはありません。

①法令に基づく場合。
②応募者の生命、健康、財産などの重大な利益を保護するために必要な場合。
③面接の試験官が採用試験で選考資料として用いる場合。

(3)個人情報の管理について

当協会がいただいた応募者の個人情報は、当協会内において厳重に管理し、不正アクセス、紛失、破壊、改ざん及び漏洩などの個人情報に関するリスクに対して予防措置及び是正を含むセキュリティー対策を講じております。登録試験の終了に伴い、当協会に登録する場合を除いて当協会の管理責任の元で適切に廃棄・消去いたします。

(4)個人情報提供の任意性について

当協会へ応募いただく個人情報は任意です。

(5)個人情報の開示・訂正・削除について

当協会は、応募いただいた個人情報は、応募者本人であることを確認できた場合に限り、合理的な範囲内でお問い合わせに応じるものとします。ただし、応募の合否についてのお問い合わせには一切お答えできませんのでご了承下さい。

<個人情報に関するお問い合わせ窓口>

一般社団法人国際交流サービス協会
人材事業部 人材支援グループ
個人情報相談窓口責任者 清水 匡、栗原 明
TEL03-3580-1870
FAX03-3580-1639

>>同意してここをクリック「個人情報利用目的通知文」

>>登録用紙をプリント

Copyright(c) 2017 IHCSA All Rights Reserved.