一般社団法人 国際交流サービス協会

「針江 生水の郷 ~川端と水辺の暮らし~」をアップしました

 琵琶湖の西岸では伏流水が自噴していて、住民は古くからこの湧水を「生水」と呼んで生活水として利用してきました。また各家や共同の洗い場で生水が湧き出す場所は「川端」と呼ばれ、自然から水をいただける場所、人々が集う場所として大切にされてきました。

********************

 IHCSA Caféは、文化、芸術、食、交流、旅行、おもてなし、技術、人などの分野にわたり日本を紹介する記事を発信するホームページです。
 閲覧の際は、左メニューでお好みの分野をお選びください。
 各記事にはPDFを添えていますので、閲覧、印刷の場合はこちらをご利用ください。

IHCSA Caféはこちらです

国際交流サービス協会 インバウンドサポートチーム

Copyright(c) 2019 IHCSA All Rights Reserved.