一般社団法人 国際交流サービス協会

外務省在外公館専門調査員について

 

 
【専門調査員制度について】

 外務省在外公館専門調査員とは、在外公館の一員としてわが国の外交活動に資するため、語学力及び専門性を活かしつつ、在外公館長の指揮監督の下に、派遣国・地域の政治、経済、文化等に関する調査・研究及び館務補助の業務を行なうものです。労働者派遣法の下で、わが国の在外公館(大使館、総領事館、政府代表部、領事事務所)に原則2年の任期をもって派遣されます。

【応募資格】
下記の条件を、応募締め切り日までに満たしていること。
(1)大学院(修士)修了以上の者(ポストにより修士課程在学中の応募も可。募集公館リストを参照のこと)。
または、学部(4年制大学・学士)卒業後、応募するポストの担当事項の分野において、3年以上の調査・研究の
実績または実務経験を有する者。
(2)業務を遂行するに足る充分な語学力を有する者。
(3)在外公館の組織の一員として、海外での長期派遣の任に耐え得る者。
(4)日本国籍を有する者(二重国籍可。ただし、任国の国籍・永住権保持者は、査証及び赴任後の
   滞在許可取得に問題が生じ得るため不可。また、任国滞在許可所持者については、査証及び赴任後の
   滞在許可取得に問題が生じないことを条件に可。なお、応募時、別途「査証・滞在許可・永住権に
   関するお伺い書(協会書式)」を全員にご提出頂きます。)
運転免許は必須ではありませんが、赴任地によっては運転免許が必須な場合があります。

*担当事項の分野の業務実績に関し、学部卒の方は、その業務の内容により応募資格の有無を判断しますので、応募前に応募資格問い合わせフォームをご記入の上、sencho (アットマーク) ihcsa.or.jp までお問い合わせください。
*お送りいただく際は(アットマーク)を@に変えてお送りください。
*業務経験により応募資格を満たす場合がありますので、そのような御経験がある場合まずはお問合せください。

【待遇】
(1)国際交流サービス協会の嘱託職員として採用され、各在外公館に派遣されます
  (1年契約、更新は一回まで可)。
   また、弊協会の規程に基づく報酬、住居費、及び渡航に関する費用等を支給します。
(2)社会保険(雇用保険、健康保険、厚生年金)に加入し、労災保険が適用されます。
(3)月額報酬はおおよそ39万円~72万円(別途、住居費規定額及び賞与を支給)で、
   金額は派遣先により異なります。詳細は試験会場に掲示します。

(4)週休2日、1日の勤務時間は原則7時間45分。変形労働時間制を採用する一部の公館は1週38時間45分。年次有給休暇は1暦年の在職月数により最大20日。その他、夏季休暇3日、慶弔休暇等の制度があります。
お問い合わせはこちらへ➔電話:03-6280-5172
            メール:sencho (アットマーク) ihcsa.or.jp 
            ※(アットマーク)を@に変えてお送りください。
よくあるご質問 ➔ よくあるご質問

募集開始、募集ポストの変更・追加、募集締め切り直前のご案内をいたします
➔「お問い合わせ」ページからお申し込みください
お名前、メールアドレスを入力(住所・電話番号の入力は不要です)
*ご質問内容は「専門調査員について」を選択
*ご質問は「ご質問」を選択
*ご質問スペースに「専門調査員試験の情報を配信希望」と入力 

Copyright(c) 2024 IHCSA All Rights Reserved