一般社団法人 国際交流サービス協会

IHCSA Caféに「暮らしの中に活かされ続ける和紙 〜創業およそ370年の老舗「小津和紙」を訪ねて〜」をアップしました

 創業以来370年も和紙を扱ってきた「小津和紙」を訪ね、和紙が日本人の生活に深く結びついていたこと、洋紙との違い、時代を乗り越えてきた小津和紙の経営などについて、ベテラン全国通訳案内士がご案内します。

********************

 IHCSA Caféは、文化、芸術、食、交流、旅行、おもてなし、技術、人などの分野にわたり日本を紹介する記事を発信するホームページです。
 閲覧の際は、左メニューでお好みの分野をお選びください。
 各記事にはPDFを添えていますので、閲覧、印刷の場合はこちらをご利用ください。

IHCSA Caféはこちらです

国際交流サービス協会 インバウンドサポートチーム

Copyright(c) 2019 IHCSA All Rights Reserved.